表参道駅徒歩1分 M.モゥブレィ公式ショップ  青山エリアで靴磨き、ブーツのお手入れができる店!

shoerepair.exblog.jp

ラッセルモカシンの謎

みなさまこんにちは。
ラッセルモカシンをスニーカー感覚で履きまくるTOY筋です。
a0103037_07391822.jpg

さて、ラッセルモカシン好きの方たちの間で良く言われる、トリプルヴァンプ、ダブルヴァンプ。
初めTOY筋はアッパーの継ぎ足された革の数で決まるのかと思っていました。

a0103037_07395548.jpg
上記写真のようなラッセルモカシンの代表的なモデルであるスポーティングクレーチャッカ。
ソール近くから継ぎ足されたアッパーの革の数を数えてみて下さい。
ソール付近に1枚、モカシン縫いがされている革が1枚、そしてシューレースが通っている革が1枚かと。

実は全然間違っていました(笑)
そもそも、この製法はダブルモカシンボトム。
ダブルヴァンプでも、トリプルヴァンプでも無かった訳です(笑)
何が違うかと申しますと、外面ではわかりません。中を見てみましょう。

a0103037_07454866.jpg
継ぎ足された跡が丸見えです。
ここに1枚ライニングのように革が貼られるとダブルヴァンプ。
※確かに足を包み込む革の数は2枚。
そこに2枚目の写真でソール付近に1枚と説明した革はマッドガードの様な浸水防止はもちろん靴底との間に一種ミッドソールの様に足裏を包み込んでいる訳です!
これが、トリプルヴァンプ。

TOY筋は所有してい無い関係で写真にてダブルヴァンプのライニング画像をお見せできずに申し訳ありません。

何だか、靴すきになったきっかけが質実剛健なイギリス靴を中心としたグッドイヤー製法などからだったもので、当時マッケイとの違いや様々な製法の違いを断面図などを見ながら勉強したのを思い出します★彡

そもそもが好きみたいです。
こう言うのを理解しようとするのが(笑)

そんなTOY筋みたいな変人から様々な革好き、靴好きが常駐するFANS.あなたはもう行きましたか?



by intexrepair | 2015-07-18 08:30